TOP
観光コース




 
●大通公園
 札幌を南北に分け、中心街を東西に1.5kmも延びる花と緑の憩の公園が大通公園です。石川啄木、有馬武郎などの文学碑、彫刻なども多くあり、市民や観光の人たちが噴水を見たり、トウモロコシを食べたり、芝生に寝ころび日光浴を楽しむ都会のオアシスになっています。テレビ塔展望台も公園内にあり、ここから公園や市内を一望することができます。観光幌馬車が一周して市内の主な観光名所を回ってくれます。
★観光幌馬車
  4/下旬〜11/3(雨天中止)所要時間40分
  料金:大人1,800円、小人1,000円
  (御者席と二階席は大人2,200円、
   小人1,200円
) *水曜日休み、7・8月無休

 
●札幌市資料館(旧控訴院)
 大正15年に建てられた旧札幌控訴院には、文学資料や考古資料が展示されています。玄関正面に法の女神テミスのレリーフがあります。軟石の建物として親しまれています。(入館無料、9:00〜19:00月曜休み、ただし月曜日が祝日の場合は開館。翌日火曜日が休館となる)
(中央区大通西13丁目、地下鉄西11丁目駅下車)


●札幌コンサートホールKitara
 「音楽の似合う街」札幌に誕生した、コンサートホール
  1997年に北海道初の音楽専用の施設として開館した。札幌市が所有し、財団法人札幌市芸術文化財団が指定管理者として運営管理を行っている。
大型のパイプオルガンを備え、クラシックなどアコースティックな音楽に最適な大ホール、室内楽などリサイタルに最適な小ホール。

リンク http://www.kitara-sapporo.or.jp/

●時計台(重要文化財)
  札幌歴史館時計台は、明治11年、札幌農学校の演武場として建てられたものです。以来100年にもわたって時を刻み続けています。館内には札幌の歴史に関する資料が保存・展示されていて見学できます。
  大人200円・小人無料/
   9:00〜17:00月曜休,
   祝日の時は翌日休み
 リンク 札幌時計台
 

●北海道旧本庁舎(通称赤レンガ庁舎)
  米国マサチューセッツ議事堂をモデルに、明治21年に建造された明治を代表する優れた建物。国の重要文化財にも指定さてていて内部に北海道の歴史書を集めた文書館もあります。また、夜でも外観はライトアップされています。
  (北3西5札幌駅徒歩10分/入場無料
  ・9:00〜17:00(6〜9月第3日曜休/10〜5月土・日・祝休 )
  ・道立文書館9:00〜17:00/土・日・祝・第3木曜休
 

●札幌芸術の森
  札幌最大の総合文化施設。緑豊な丘陵地にあり、自然のなかで芸術を観賞したり、自分で作って体験できるのが魅力。敷地内には、芸術の森美術館・野外美術館・工房・有島武郎旧邸など、さまざまな施設が点在し、自然のなかを散策しながらアートに触れ、一日のんびり過ごすことができる。さまざまなイベントもおこなわれ、四季を通して楽しめます。
  (入園及び下記施設以外の見学は無料
  ・開園時間 午前9時45分〜午後5時
        (6/1〜8/31は午後5時30分まで)
  ・休園日 4月29日〜11月3日/無休
        11月4日〜4月28日/毎週月曜日
        ※月曜が祝日の場合はその翌日

  リンク http://www.artpark.or.jp