TOP
観光コース




●石原裕次郎記念館
 運河、セピア色の倉庫群…ノスタルジックな港町・小樽。
裕次郎が幼年時代を過ごし、第二の故郷として懐かしんだこの地にいま、彼の大切な思い出が鮮やかによみがえる。
  料金:大人1500円、小人300円
  4月〜10月は9:00〜20:00、その他の期間は18:00まで
  (入館は1時間前まで)無休


●小樽運河
 運河には、御影石をイチョウ模様に敷き詰めた散策路や街園があり、経済発展の中心として栄えた往時の面影をしのびながらの散歩が楽しめる。黄昏時にはガス燈がともり、運河の南側では石造りの倉庫がライトアップされる。

●北一硝子(本店)
・体験内容…その1.硝子の手紙製作体験 好みの硝子製品を店内から選び、リューターという器具でイニシャルやメッセージを彫ることができる。 その2.サンドブラスト体験 好みの硝子製品を店内から選び、カッティングシートにオリジナルデザインの図柄をカッターでかたどり貼り付ける。仕上げに金剛砂を吹き付けて図柄を描き出す。
・所要時間:30〜60分 ・人数1〜5名
・料金:
840+材料費 4コース有り、料金異なる
・前日までに予約の場合、体験料2割引
・営業時間:9:00〜18:00
・休業日:元日

●にしん御殿 小樽 貴賓館
(旧青山別邸)

  漁業で巨大な富を築いた網元の豪邸、旧青山別邸は小樽の歴史を知る上でとても貴重な建物として残されている。青山家最盛期は、にしん大尽(最高の贅を尽くせる大金持ち)と呼ばれ、大正7年に2代政吉が娘夫婦の民治、政恵とこの別荘の建築にとりかかった。
  建築は山形の本間邸に多くを学び、資材一つ一つに選び抜かれた物が使われ、漆塗りの廊下や彫刻、河合玉堂や山岡鉄舟、狩野栄信などによる襖絵や書の部屋など随所に贅を尽くした建物となっており、一般公開されている。
  新鮮な海の幸料理が食べられるレストラン青山が隣接してオープンしている。
・営業時間…4〜10月:9:00〜18:00
        11〜3月:9:00〜17:00
    通年営業
(年末年始、12/28〜1/4のみ休館、以外無休)
・料金…
大人(中学生以上)1,000円、小学生500円
にしん御殿 小樽 貴賓館

●小樽オルゴール堂
  小樽オルゴール堂は日本最大のオルゴール専門店。その建物は小樽市選定の歴史的建造物として認定されており木骨煉瓦造りの2階建て、外壁は赤煉瓦と自然石が積まれている(明治45年に建築)。その中にはアンティークオルゴールをはじめ、1Fにはオリジナルのオルゴールやグッズ、2Fにはドールオルゴール(人形)、3Fには動物をテーマにぬいぐるみオルゴールが展示販売されている。
・開館時間…9:00〜18:00通年(無休)
金・土・祝前日 9:00〜19:00(7〜9月のみ)
小樽オルゴール堂

●日銀金融資料館
 “北のウォール街”と呼ばれた小樽の面影をそのままに残している日本銀行旧小樽支店の建物。当資料館は、この歴史的建物の雰囲気を活かし、日本銀行の素顔をご紹介している広報施設です。
・営業時間…4/25日〜9/30日:9:30〜17:00
        上記以外の期間 9:30〜16:30
 月曜休み、ただし月曜日が祝日・振替休日のときは、その翌日以降の最初の平日
(年末年始、12/31〜1/5)
・料金…
入館無料